スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフの伊納達也さんがSocial CM Award 2009で最優秀賞を受賞!



宝塚メディア図書館のスタッフである関西学院大学総合政策学部4年生の伊納達也さん制作の映像作品「脱!もの文化」が、Social CM Awardにおいて最優秀賞を受賞されました。


戦後の高度経済成長以来、私たちはより多く消費し、もっとよいものを望み、生活のさらなる向上を目指してきました。それが現在の生活水準を作ってきたと思います。そのしわ寄せが今エネルギー資源の限界、環境問題などとして今現れてきているのではないでしょうか。私達の幸せはモノの消費によってしか達成できないのだろうか?いや、「物質・消費に頼らない幸せ」っていうものがあるはずだ!という想いをコマーシャルにしてみまし た。
関西学院大学 伊納達也


このコンテストは社会問題への意識をCMとしてYouTubeで世界に発信するという趣旨のものです。伊納さんは物質至上主義の世の中に、「モノに頼らない幸せ」を訴えるために、この作品を制作したとのこと。制作された映像はYouTubeで公開されていますので、ぜひこの機会にご覧ください。



伊納さんのブログ「矛盾考察」では、制作の裏話もご覧いただくことができます。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。